1965年から港区赤坂にて開業の歯科医院は漆崎歯科

各種保険取扱 千代田線赤坂駅から徒歩0分漆崎歯科での診療のご予約・お問い合わせは03-6459-1590診療時間 10:00〜13:00/14:00〜夜20:00まで診療(最終受付 19:30)

歯周病科

歯周病は、歯の表面に付着する歯垢(プラーク)によって引き起こされ、歯茎が腫れたり出血したり、歯が抜けてしまう歯の周りの病気です。
主に、歯肉の炎症によって引き起こされる出血・腫れを特徴とした「歯肉炎」と歯を支えている歯槽骨が破壊されてしまう「歯周炎」の2種類の症状があります。
また、咬み合わせが悪かったり、咬む力が強いと歯周病の進行は早まります。

歯肉炎

「歯肉が赤くなっている。」「時々歯磨きの時に出血する。」などの症状がみられる場合は歯肉炎にかかっていると考えられます。
歯肉炎はプラークや歯石を取り、歯磨きをがんばれば完治します。しかし、放置すれば「歯周炎」へと進行していきますので要注意です。

歯周炎

歯肉炎が進行し、歯槽骨の破壊吸収が起きている状態を「歯周炎」といいます。
歯肉がよく腫れる、出血や排膿がよくあるなどの症状がみられます。進行すると、歯槽骨がさらに吸収し、食物が咬みにくい、歯がしみる、歯がぐらぐらするなどの症状がでてきます。 重度の歯周炎の場合、最終的には歯を抜かなければなりません。
歯周炎は骨を吸収する恐ろしい病気です。吸収した歯槽骨は元には戻りませんので早期の治療をおすすめします。

歯周病の進行度

健康な歯ぐき

歯ぐきはピンク色でひきしまっています。歯を支える骨などの歯周組織も健全な状態です

歯肉炎

歯ぐきだけの炎症で、歯ぐきが腫れて赤くなり、出血しやすくなります。 歯を支える骨にはまだ炎症は波及していません。

軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が進み、浅い歯周ポケットができます。
同様に、歯を支える骨の破壊も始まります。

中度歯周炎

歯を支える骨の破壊が進み、歯がぐらつきだします。
また、腫れたり化膿しやすくなります。

重度歯周炎

歯を支える骨がほとんど無くなり、著しくぐらつき、咬めなくなります。

歯周病治療の流れ
基本治療

歯ブラシ指導(歯周病の状態に合わせた歯ブラシの方法を、毎回確認しご指導いたします。)

・歯肉縁上スケーリング
(歯肉より上に見えるプラーク(歯垢)/歯石の徹底的なクリーニング)

・歯肉縁下スケーリング
(歯肉の下に入り込んだプラーク(歯垢)/歯石の徹底的なクリーニング)

歯周病治療を成功させる為に、長期的に健康な状態を維持する為に最も大切なステップです。 他に、虫歯治療・根の内部の消毒(根管治療)等もこのステップで実施し、口腔内の病的因子を全て排除し、まずは徹底的に口腔内を清潔な状態に回復させていきます。

再評価

基本治療終了後、歯周病の状態が改善されたか否かを再度、歯周ポケットを検査し評価致します。
再評価の治療結果を基に歯周病が改善された部位・改善が不十分な部位を患者様にご説明し、今後の治療の進め方についてご相談して決めていきます。

歯周外科手術

初期治療終了後の再評価において依然として歯周病の改善が不十分な部位に関し、再度歯ブラシの徹底/歯肉縁下クリーニングを実施しても歯周病の治癒が望めそうにない部位に限定し、患者様のご理解が得られた場合、さらなる歯周病の根絶を目指し、歯周外科手術を行います。
一般的な局所麻酔を使用し、治療時間は、約30~45分程度です。 歯周病の悪化状態により多少個人差はありますが、通常痛みや腫れはほとんどありません。
歯周外科手術後に歯周病の状態が改善されたか否かを、再度歯周ポケットを検査し確認しメンテナンスへと移行していきます。

メンテナンス

歯周病は再発傾向のある疾患です。長期的に治療効果を継続させる為に、健康な状態を維持するために定期的に検診しクリーニングをしていく事がとても重要です。
患者様の口腔内の状態によってメンテナンス期間は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と分けていますが、通常は3ヶ月に1度のメンテナンスをお薦めいたします。

  • 一般歯科
  • 歯周病科
  • 口腔外科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美歯科・アンチエイジング
  • 訪問診療・高齢者歯科

無料相談メールはこちら

初診予約24時間受付

咬む力による病気診断・治療例

インプラント治療について

インプラントの治療法